福岡 西方 沖 地震。 「福岡県西方沖を震源とする地震」に伴う基準点成果の取り扱いについて

また、神戸市では木造住宅や低層の建物が揺れやすい周期1、2秒程度の(キラーパルス)が大きく全壊10万棟を超える甚大な被害となったのに対し、福岡県西方沖地震では地震動が全体的に神戸より小さく 最も大きな成分が1秒未満の短周期であったことから、福岡市中心部の建物被害は一部損壊を中心とするに留まったと考えられている。 4月20日の余震でも、福岡市を中心に新たに211人が一時的に自主避難した。 負傷者の8割、全壊・半壊棟数の9割、一部損壊の5割が福岡市となっている。 横ずれ断層では段差が生じにくく、さらに海底であることが発見を難しくしていると考えられている。 左 右手山側の石垣が崩れ全壊に至った家屋。 福岡市は地震後、に盛り込んでいた警固断層の地震に対する施策を拡充し 、福岡県は警固断層を含め県内のほかの断層についても2006年度と2011年度の2回にわたって地震想定の見直しを行った。
40
ピンク色の楕円の領域が震源域(警固断層帯北西部)、赤色の細い線が警固断層(警固断層帯南東部) 地震が発生したのは、(平成17年)の、・であり、3連休の中日だった。 "Source process and near-source ground motions of the 2005 West Off Fukuoka Prefecture earthquake"., 93-98, 2006. これを受けては3月23日、全国の自治体に対し、1978年以前施行の3階建て以上で中心市街地の避難道路などに面する建築物を調査し改修などを指導するよう通知を出した。 内閣府は,3月20日11時,情報対策室を設置し,関係機関から情報収集を行うとともに,官邸,関係省庁との情報連絡を行った。 ライフライン関係においては,九州電力管内で3月20日の本震により延べ約2,600戸が停電となったほか,4月20日の余震により延べ約22,100戸が停電となった。 5 震度5強 余震 2005年4月20日 09時 09分42. 警固断層帯(南東部)の地震を想定した強震動評価 ( / (9. 発災直後には,関係省庁合同の情報先遣チームを福岡県へ派遣,その後,林田内閣府副大臣と合流し3月21日より政府調査団として活動した。 5の地震が発生。
10