往々 にし て。 「往々にして」はどのくらいの頻度?意味やNG例は?

肉体がないだけで普通の人と同じですから話し方も生前と変わりませんし記憶も残ります。
「得てして」は「〜になる可能性がある」というのが原義で、そこから転じて「〜になる傾向にある」という意味で使われています。 「往々にして」と同様に、「得てして」「ややもすると」はネガティブな事柄について述べるときに用いられ、「欲張ると得てして損をする」「慎重すぎてややもすると機会を逃す」というように遣います。 「往々にして」の意味を理解し、ビジネスシーンで活かしていきましょう 「往々にして」の意味 「往々にして」という言葉は「物事が起こる回数が多い傾向にある」という意味です。 「往々にして」を使用する際のポイント 「往々にして」は、ネガティブな事柄を表現したい場合のみ使うことがポイントです。 「往々にして」の使い方と例文 「往々にして」はネガティブな出来事に対して使う 「往々にして」という言葉は、喜ばしいことが重なった場合に「往々にして」と表現することには、違和感を持たれる傾向があります。
31 25