生 チョコ 牛乳。 (株)浅草屋フーズ<洋菓子/シュークリーム/アイス製造販売>

混ざったらクッキングペーパーを敷いたバットに広げる• ちなみに牛乳には、脂肪分を調整した低脂肪乳や無脂肪乳などもあり、これらを使うとよりカロリーを抑えられ、さっぱりとした味わいに! しかしながら本来は生クリームの代替としての牛乳なので、できるだけ脂肪分の高い牛乳を用いた方が生チョコらしいコクのあるおいしさに仕上がります。

ひと口に牛乳といってもその成分はさまざまなので、おいしく仕上がるものを選びたいですよね。

バターもしくはマーガリンを7-8g測る• 砂糖…大さじ2• これ以上あがってしまうようならすぐに湯せんからはずす(湯せんの温度が高すぎると、ここでの温度が上がり過ぎてしまうので注意)。

(=湯せん)• ただし、 分離している場合には「沸騰させないように温めた生クリーム大さじ1」を加え、 乳化するようにゆっくりまぜると分離していたものが乳化され、滑らかになるそうです。

チョコレートを入れたボウルを重ねてしばらくおき、周りが溶けてきたら、ゴムベらで上下を返し、ゆっくりと溶かしていく。

再びクッキングシートにのせて冷蔵庫で固めれば完成 アレンジとして、マリービスケットだけじゃなくナッツやレーズンを入れてもおいしいです。

うまくいけば、ここでなめらかになり 乳化! 手順2でなめらかにならない場合は、さらに生クリームを小さじ2~3加えて混ぜる。

出来上がったら一口サイズに切り込みを入れ、ココアパウダーを振りかけて出来上がり. その後に、1つ目の湯浴にチョコレートの器を移動して、攪拌しながら再び少しずつ温度を上昇させます。