ジェンセン インターセプター。 インターセプター

映画で使用されている3つの「ジェンセン・インターセプター」には、マグナフローエキゾーストシステムが装備されていました。

ジェンセンは黒い革のインテリアと一緒に美しい色ダークシルバーメタリックで実行されます。

ちゃんとドア開閉のギミックも残してます。

ワイルドスピードは本当にクライスラー好きですね。

ベンチシート• 小生が幼児期だった1973年頃持っていたジェンセンインターセプターはまさに管理人さんがアップしてくれたモデルの色違いで、小豆色メタでした。

さらに、この車にはエアコン、17インチホイール、電動コンバーチブルルーフが装備されています。

『ワイルド・スピード EURO MISSION』に登場する他の車が知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

ジェンセン、という名の車の存在は、はるか昔、子供のころに見た「世界の自動車」とかそんな類の本で知ったんだと思う。

今回は、「ワイルドスピード6 ユーロミッション 」で「ミシェル・ロドリゲス」がレティ役としてドライブした劇中車両「ジェンセン・インターセプター」に注目。

73
欠損していたAピラーは、古いマッチボックスの部品取りから切り出し、移植しています。 4:Fury Roadインターセプター• 見ての通り、超ジャンクな状態です。 リフトアップ• この車、どうするんだろ?このまま朽ち果てるのかな? もう動かないだろうけど・・・せめてキレイにしてあげたいなぁ。 まさに贅沢品。 シリーズを見ているうちに、すっかりエドのファンになってしまった。
15