自由 連想 法。 精神分析

抑圧された願望はその無意識の層に押し込められていると考え、それを対話や夢の分析、連想法などから発見し、 意識化することで治療します つまり顕在夢は、検閲を受け、願望が変化した形で表れるものなのである
劣等感は、嫉妬や憎悪にかわって犯罪につながったり、憂うつ感情からうつ病や社会不適応の症状を生じることがあるので重要な視点と考えられています ハルトマンが1869年に著した『無意識の哲学』という書の中でフロイトに先駆けて用いられています
快楽原則と現実原則 人間は本能を満たすたすために行動をしますが、次の2つの原則に従うことになります 模造紙または黒板、できれば記録がコピーできる電子黒板を用意する
技法:自由連想法・夢分析・解釈・洞察 面接技法• 結合改善 参加者はアイデアを出すことだけに専念して、判断は後ですればよいということで「判断延期」となります 自由連想法は、横になってクライアントみずから話すことで無意識の世界に飛び込んでいき、その無意識が浮かび上がった時にその無意識の中に眠る自分の感情に気付いて、クライアントの心の中に収めていく手法
自由連想法は、心の中に浮かぶことをそのまま語ることをクライアントに要求します 精神分析は心理学や精神医学に与えた影響も大きなものでしたが、哲学や近代西洋文化に与えた影響もはかり知れないものがあります
69

思春期以降、不安や迷いなく異性と感情交流が持てることは各段階で問題を持ち越していない指針となる。

リーダーが進行し、すべての発言を記録する。

このへんが、ふつうの外科 の摘出 手術と違う ところで、心の障害の難しさ、精神療法の奥深さ と云えそうですね。

1885年頃から、彼はフランスでシャルコー,J. 彼は「反発性」の観念が意識に入ってくると狂気を生ずることがあり、これに対して意志は抵抗すると述べていたと言われます。

きっとそのように原体験として感じてきた方も多いのではないでしょうか? 私達の心の全ては解明されていませんし、これからも心理学で心の研究が進めれて新たな発見をされていくことと思います。