日立 キャピタル 株価。 日立キャピタル (8586) : 株価/予想・目標株価 [Hitachi Capital]

合併予定日:2021年4月1日• 1株利益 株価 合併前 79. 9月 - 日立商業保理 中国 有限公司を設立。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 2018年まで順調な増配傾向がありましたが、2019年に半減しています。 三菱UFJリースの柳井社長が「堅めに見積もった」とコメントしていることもあり、100億円のシナジー効果は充分期待できると見ています。 10月 - ライフソリューション分野におけるベンダーソリューション事業を会社分割(簡易吸収分割)により日立キャピタルNBL株式会社へ承継。 2012年(平成24年)10月 - Hitachi Capital Canada Corp. 今回合併するのは、三菱グループで総資産規模で業界3位、売上高は4位の「三菱UFJリース」と、 日立製作所を筆頭株主とする、総資産規模で業界6位、売上高は8位の「日立キャピタル」です。 10月 - 日立製作所および三菱UFJフィナンシャル・グループの持分法適用関連会社となる。 主要グループ会社 [ ] 海外• 合併比率は三菱UFJリース「1」に対して、日立キャピタル「5. Hitachi Capital Hong Kong Ltd. を中心とした総合ファイナンス会社として、PPP・事業やデータセンター・物流倉庫等の建物リースなどの社会インフラ事業、・・などの環境・再生可能エネルギー事業、いわゆるを中心としたベンダーファイナンス事業、乗用車・介護車両・建設機械等に対するオートリース・ローンなどの金融サービス、これらの保守・管理・運用等の総合的ソリューション提供を行うビークルソリューション事業、医療機器向けの金融サービスや医療機関への省コストソリューション提供などを行うヘルスケア事業、農業の生産・加工・流通・販売に係るファイナンスや化、省エネ・IT活用促進サービスなどを行うアグリ事業、電子記録債権・・販売金融などのファクタリング・販売金融関連事業、工場インフラに係る産業機械・建設機械のファイナンス、遊休地活用ソリューション提供などを行う産業機械・建設機械関連事業、海外におけるローン等の消費者向け関連事業を中心として、国内外で幅広い金融サービスを展開していた。 合併比率は三菱UFJリース「1」に対して、日立キャピタル「5. また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 三菱UFJリースと日立キャピタルは、強みとするビジネス領域や事業展開地域において重複の少ない相互補完関係にあります。
66 43 75