スーダン 女性 器 切除。 ほんとうの起源を理解しない限り、女性器切除はなくせない

FGMとは、女性外性器の一部を切除する慣習のこと 現在ではアフリカのカ国で、主に生後1週間から前のに行われる
[ ]自力で花嫁の陰部を開いて性交を果たせなければ面目を失うという 「この慣行はあらゆる少女の権利を侵害するだけでなく、害があり、少女の肉体的・精神的健康に深刻な結果をもたらす」と、スーダンでこの機関の代表を務めるアブドラ・ファディルは述べた
最近の動向では、の指導者や、では性器切除を禁止しているものの、その後まったく実効が上がっていない ドキュメント女子割礼 著:内海夏子 2003年 新書• 環境正義と平和 著:戸田清 2009年 190-195頁• 10月11日は、若い女性の権利を広く国際社会に呼びかける「国際ガールズ・デー」です
地域によってはを楽にするためとしてさらにが切除されるが、実際には逆に困難にしてしまう可能性が高い これは、傷口を早く癒着させるためです
喜びの秘密 著:アリス・ウォーカー 訳:柳沢由実子 1995年• そのほかに、「女性がレイプされるのを予防するため」「結婚するまで処女を守らせるため」「女の性欲を減退させ男がコントロールしやすいようにするため」といった説もあります その起源は一般に、処女性、貞節、女性の性欲のコントロールに関わるものだと考えられているが、ソマリア育ちの考古学者サダ・マイアによれば、そうした理解は誤解であるという
これまでアフリカ各国をめぐって支援に取り組んできましたが、2月以降、日本国内を出ていません 道山恵美さん それでも施術が行われる理由として、道山さんは「人によって意見は異なりますが、『女の子が大人になるための儀式』『結婚の条件』として行われることが多い」と指摘します
37
最も乱暴な方法では陰唇からクリトリスまで切除され、膣口は縫合して閉じられる 「男性患者に麻酔をして割礼手術ができるならば、女性に対しても同じように麻酔を施して女性器再建手術ができないわけがない」 フランスの有名紙「ル・モンド」にそう語ったアコティオンガ医師は、2012年の開業以来、すでに400人ほどの患者の女性器を再建してきたという
また、手術中ので不明やに至る場合もある
ケニアとタンザニアの15〜19歳の女の子は、45〜49歳の女性が同年代だったときに比べ、3分の1になっています 女子と女性、男子と男性、あらゆる人が声を大にして、そして毅然とこの悪習をやめたい、と意思表示をしなければいけません」と、述べました
女性器切除を廃絶するためには、その起源とそれがコミュニティにとって持つ意味をよく理解し、代替となる儀式を導入するなどの知恵が必要だと彼女は主張する 砂漠の女デイリー 著:ワリス・デイリー 訳:武者圭子 1999年• しかし完全にゼロにするためには、まだまだ支援が必要とされています
女性器切除の禁止もその一環とみられる でもずっと続く伝統だから」そう話したソウェイはその後、娘の結婚式へと出かけていった
手術方法 [ ]• スーダンではこれまで長年に渡って多くの集落で少女の 成人儀礼( 通過儀礼)とされおこなわれ、スーダンの少女10人中9人近くが女性器切除の犠牲になっていたんだとか! 通過儀礼とは スーダンによる「通過儀礼」とは もともと通過儀礼には、女を女らしく、男を男らしくする意味合いがあります
痛みを恐れて排尿しなかったために逆に一回の排尿量が増えるため、尿が傷口を刺激し、さらに痛みを増すという また、主権評議会の過半数を構成する同国の軍事リーダーたちがこの法律を承認するかどうかも不透明で、アルバシールを支援する強力なイスラム教徒グループの反発に火を点ける可能性がある
やがて女性器再建手術のパイオニアとなったアコティオンガ医師は、2012年、満を持してブルキナファソにクリニックを構えることになる また、一度手術を始めてみると、なかなか血が止まらなくなる患者もいる
そもそも、コーランに女子割礼を命じる記述がないからです イブラヒムさんは儀式を受けた時のトラウマ的な体験を鮮明に覚えている
93 62