たおれ て のち やむ 精神 一 到 何事 か 成ら ざら ん。 《故事・ことわざ・四字熟語》 辞典・「た」

』 『閉目塞聡』 『僕ら人間は、どうしてこうも比べたがる?一人一人違うのにその中で一番になりたがる?』 『真の貴族は市民のモラルなど問題にしない。
こんなぐあいで、熟睡が活動の基となり、活動がまた熟睡の因となって、善循環がどこまでもつづく。 - 衆生済度 しゅじょうさいど 人々に悩みを救い、悟りを得させること。 「事大」は、強大なものにつかえること。 僮は農奴的な身分のものをいう。 『斃れて後 已む 精神一到 何事か 成らざらん』 煉獄さんのキャラクターにぴったりな、熱く覚悟のこもった言葉でした。 貧しい民の苦しみをいう。 その前に杵をおいて祈る意。 』 『顔回箪瓢』 『権威ある本といっても、すべては人の書いたものだ。
10

「無垢」は、元々仏教用語で、欲望・執着がなく、清浄なこと。

甲骨文の字形には「女」が無く、人が後ろ手に手かせをかけられた姿で、男女の区別は無い。

後ろ、後方 2.これから先。

ここで良くなる方法を真剣に考えて、それでも良さが発見できない場合は、会社を辞めてしまうのです。

〔説文〕十上に「馬行きて頓(つまづ)き、遲きなり」とあり、また〔爾雅、釈詁〕に「固(かた)きなり」というのは堅篤の意。

清朝の学風。

人間が神のみ前に平伏さざる限り、 何をどう議論しようと虚空に消える。

初出は戦国晩期の「兆域圖銅版」で、論語の時代までさかのぼることが出来ない。

牝獣を尾といい、尾と蜀と相連なることを屬(属)という。

76
大胆不敵 (だいたんふてき) 度胸があって物事を恐れないこと。 日和見。 (試合で負けた時などに慰めとして使えそうです。 転じて、長命。 二十世紀は人間の心魂が枯れて来たので、 文化文明が奇形的になって来た。 学校の中心は校長、 校長こそは霊的人格たることを要す。 原文は『斃而后已』とあります。
61