鋼 の 錬金術 師 キンブリー。 鋼の錬金術師の主要な登場人物

ヴァン・ホーエンハイムに瓜二つな容姿をした男で、彼よりやや老けた印象がある人物。

11
最後の戦いの後、国土錬成陣の首謀者として生き残ったエジソンと共に拘束・連行される
鎮圧の際には、用済みと見做した大総統夫人をマスタングの部下諸共殺そうとしたり、避難の済んでいない居住区への砲撃を命令したりするなど卑劣な人物として描写される 「約束の日」の直前にはプライドと共に行動し、その嗅覚を使ってアルフォンスを捕らえエドワード達を追い詰めるが、グリードと人格交代したリンが戦線に加わり、さらにランファンまで参加したことで形勢が一変
魂が1つしか無いために他のホムンクルスと違って再生能力を持たず、また普通に老化する また彼自身、世界の王となることを公言するリンを気に入っている
額に大きな十字の傷があり、また特徴である瞳を隠すため普段はサングラスをかけている ) 最終では戦いに敗れた後に「始まりの・」に取り込まれてから退場・・・かと思いきや、実はの中で魂だけの存在となって存命していた
また異常者である自分が世間で生きてきた経験から、「」にも通じる『 純粋な生存競争』に独自にを見い出しており、での勧誘に応じたのも、 人とホムンクルスの生存競争に強い関心を示したため 人と何らかの動物の合成獣で、普段は人の形を取り、戦闘に際して掛け合わされた動物に沿った姿となる
これとは別にジュドウの人体錬成によって錬成されたロザリーに似た生きたミイラのようなものも存在する この中だとゴリウスさんが大好きだなー -- 名無しさん 2014-06-28 04:22:51• 「約束の日」、他の仲間と違ってマスタングの下には参せず、バッカニア率いるブリッグズ兵と行動を共にする
エルリック兄弟との関係は、国家錬金術師への推挙のためリゼンブールを訪れたことから始まる さらに駅に到着後、隠した武器を用い、暴れたが、マスタングの攻撃を受けて捕まる
マスタングの親友かつ最大の理解者として彼に接する 2人の若き天才錬金術師は、幼いころ、病気で失った母を甦らせるため禁断の人体錬成を試みる
しかし野望を諦めたわけではなく、今も機会を虎視眈々と狙っている 爆発を起こすためののを、両方のに彫っている