ポルシェ カイエン クーペ。 ポルシェ カイエンとカイエンクーペを比較してみる~

あえてカテゴリー分けするならばSUVということになるのだろう。

ところで、こうしたSUVクーペ増加の流れについて、レクサスのボードメンバーに会う機会があったので、尋ねてみた。

おめめさんの違い。

2019年3月のカイエン クーペの初登場時点では3グレードが用意されていた。

アルミニウムインテリアはオプションだ。

良心的である。

カイエンシリーズのハイスペックモデルとして位置づけ、高い走行パフォーマンスを発揮• ポルシェ4Dシャシーコントロールシステムは、ドライビングデータから最適なステータスを分析しシャシーシステムを同期、リアルタイムでハンドリング性能を最適化するシステムになっています。

カイエン E-ハイブリッド:13,430,000円• 駆動方式:4WD ポルシェ新型カイエンクーペのパワートレインには、ベースモデルに3Lターボエンジン、ハイスペックモデルには4Lターボエンジンが搭載されています。

その重量増を補うのが、カーボンルーフ仕様の設定による軽量化だ。

8秒の走行性能を楽しむことができるように。

この乗員の頭上には、固定式のパノラマガラスルーフを標準装備。

CFRP製のルーフも選べるようになっている。

ポルシェ カイエン クーペって、カイエンとなにが違うの? スポーツカーの性能と、SUVの快適さを兼ね備えたSUV、ポルシェ カイエンに、新たなシリーズ「カイエンクーペ」が加わりました。

ポルシェ新型カイエンクーペを試乗動画でチェック! ポルシェ新型カイエンクーペは試乗動画が公開されています。

すべての項目がもっとも堅く鋭くなる「スポーツ+」モードにしたときのカイエン ターボ クーペは、路面にレーシングカートのようにへばりついて、とんでもない速さを見せる。

オーディオシステムには、総出力710WのBose製サラウンドサウンドシステムや、総出力1455WのBurmesterハイエンド3Dサラウンドサウンドシステムなどを設定することでラグジュアリーな魅力をプラス。

日本では「カイエンSクーペ」 1,408万円 の予約受付が始まっている 狙うは3匹目のドジョウ? 聞けば、この週にちょうど納車が始まったところというわけで、オーダーを入れて待ち侘びていた人たちが、手に入れて早速ドライブに出かけていたのだろう。

カイエンクーペ:11,820,000円• ブレーキには、スチール製のブレーキディスクとセラミックコーティング(炭化タングステン)を組み合わせた新開発「ポルシェ サーフェスコーテッド ブレーキ(PSCB)」を採用。

その名前が示す通りクーペなのだ。

52
その他、84個のLEDを走行状況にあわせて個別に点灯、消灯、調整するLEDマトリックスヘッドライトや、メーター内のディスプレイに熱画像カメラで捉えた人や動物を表示するナイトアシストが設定されます ポルシェブランドの魅力を伸ばす新型カイエンクーペについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します
そして、やはり1番わかりやすいのはサイドからみた時の、リアのすとんと落ちている感じのデザインでしょうか では、なぜ今、SUVクーペなのか
快適性とホールド性を高めるとともに、リアには個別のベンチシートを装着 人気SUV「カイエン」をベースにしたクーペモデルだ
最高出力と最大トルクの数値もカイエンと同値で、加速性能や最高速なども両車で大差はないという ちなみに、カイエンではハッチゲート内に取り付けられていたナンバープレートはバンパー内に移設された
今回の試乗車はベースグレードであるカイエンクーペの、定員5名となるこの仕様だった 電動式リヤスポイラーだ
9リッターV6ツインターボ、そして「カイエン ターボ クーペ」が550ps/770Nmを発生する4リッターのV8ツインターボをそれぞれ搭載する 何ともダイレクトなネーミングではあるが、それは4ドアクーペというボディスタイルと、それに関連するパート以外に、ほとんどのメカニズムをベースとなるカイエンから継承していることを物語っている
ポルシェ・カイエンはブランドのフラッグシップSUVとして設定され、現行モデルは2017年にフルモデルチェンジ、2019年にはクーペSUVとなる「カイエンクーペ」が新設定されていました これは購入を前提にして真剣に試乗しているのか、それともなにか不満なところがあるのかと心配して彼の言葉を待っていたところ、ようやく語ってくれたのが「ちょっとクルマを左右に振ってもいいですか?」のひとこと
改良される新型カイエンでは、エクステリアに最新のデザインを採用 PASMは標準装備だから、ダンパーは電子制御式
室内の仕立てや装備は基本的にカイエンに準じる カイエンクーペからは、車の屋根部分に、パノラマガラスルーフが標準装備されることになるので、上が少しでも見えれば、違いがわかりますね
カイエンのルーフを単に変更するだけでなく、Aピラーの角度までこだわって設計されたことにより、美しいシルエットを獲得したカイエンクーペ アルミや複合素材の採用などにより、カイエンの前世代モデルから最大200kg軽量化• 「E-Hold」モード バッテリー残量を維持し、市街地や夜間の使用に備える• ただし、低くなったルーフに合わせて着座位置を前席で約10mm、後席で約30mm下げている
66