ガンマ 計算。 ノルアドレナリンのγ(ガンマ)計算をマスター

血管を締めるべきなのか、心臓を打たせたほうがよいのか不明な時に便利な薬剤となっています。

これ臨床研究以降ドパミンは立場が非常に弱くなっており集中治療領域で使用することはほとんどありません。

体重に関して、例えば同じ薬でも体重50kgの人への投与量と体重100kgの人への投与量は異なるので、体重あたりの投与量と決める必要があります。

また、心肺蘇生の際のバソプレシンの投与方法として、初回または2回目のアドレナリンの代わりに 40単位を静注するとなっています。

使用する上での注意点として、投与する際はなるべく 中心静脈から投与する必要がります。

慣例的に本邦ではガンマを薬剤の投与速度の単位として使用されていますが、海外では通用しないので注意が必要です。

63 76