再婚 承認 を 要求 し ます 小説 ネタバレ。 再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説第150話 あらすじ 手形の真実と早産

大神官はため息をつきました。

彼は躊躇した表情でソビエシュを見ていた。

ソビエシュは 表向きは無表情に見えましたが ひどく怒っていることが ナビエにはわかりました。
コウノトリ様」と呟いていました。 再婚承認を要求します 小説版 第150話をお届けします。 でもこの書き方だと誤解生みそうね。 ほんの少しだけの着飾りの方がよっぽど輝かれます…!』 『前皇后はどんなドレスを着ていたの?』 ラスタの質問に答えるように、 デザイナーはナビエのウェディングドレスのデザインを見せた。 『しかし、これからはナビエのことを知る時間は十分にありますので。 『王妃殿下!』 彼女は手を挙げて手を振ったが、 ローズの鋭い視線に合わせてすぐに手を下げた。 挨拶の後、 モンドレーはいくつかの形式的な褒め言葉を述べた。 『どのデザインを選ばれたのですか?』 ハインリは座って、 私が選んだデザインとデザイナーが勧めたデザインをいくつか吟味していた。 』 事務所に行って、 いくつかの債権をチェックしていると、ナビエの副官が2人入ってきた。 ハインリはナビエもナビエの家族も大切にしてくれていますね ハインリは結婚式の準備をどうするか悩んでいました。
31

『女たらしのハインリ国王…! 純粋なナビエを誘惑したんだろう…!?』 ハインリにプロポーズしたのは私なのだから、 ソビエシュが言っていることは事実とは食い違っていた。

いったい何が起こっている・・? なぜナビエはハンカチを国王の首に秘密に結びつけたのか…? ハインリはハンカチを胸に押し付け、唇に誇らしげな笑みを浮かべて続けた。

エルギ公爵は皇后を連れて行ったのだ! ハインリ国王を連れ去るために彼を解放した時に違いない。

国名を変更した直後 ハインリの側近たちが とても親切にしてくれたので 彼らの家門の貴族たちが 手紙を送ってくることは 想像していました。

『そんなつもりで言ったのではございません…!』 『ラスタにはそう聞こえた。

87