ひぐらし ねる お。 「こち亀」日暮熟睡男登場予告にファン早くも大興奮?「久しぶりにジャンプ買ってみるか」などの声

紙面に登場するのも4年に一度なので、毎回初見の読者に向けて日暮ねるおのことを説明したりしてます。

そのため、この体質になってからは寝る前に水をがぶ飲みし、髪や髭を剃り爪も限界まで切ってから寝ている。

日暮「あれ、オリンピックは?今回東京じゃなかったっけ?」 両津「来年に延期になったよ。

掲載当初から数えると、11回オリンピックが開催されていることになる。

4年ごとに目覚めるため、4年前の就寝当時の話題しか知らず、過去4年間の社会の変化についていけない描写が多数存在するが、第144巻以降はこの描写はない。

また、起きている時に、あまりに酷使された場合、眠りに入ることが出来なくなることもある。

原作での初登場はモスクワオリンピックが行われた21-6(1980年)。

過去の連載では、超能力が活性化し過ぎたために30日以上不眠状態が続いた事もあった。

記者は200冊全巻を読み返してみて、改めて『こち亀』のパワーは計り知れないと感じた次第である の巻」
紙面に登場するのも4年に一度なので、毎回初見の読者に向けて日暮ねるおのことを説明したりしてます 以前、両津はこの部屋でを見たことがある
給料は寝ている間も毎月支払われており、1988年時点で1,500万円ものが貯まっていた チョコ味以外のパンは食べずに残すので、だらけの残骸となって部屋に放置されている
これはなどがに入る前と同様に、4年間の空腹などに耐えるための栄養補給であり、日暮は脂肪分が多いために行うことが出来る 4年間の眠りに就く際は、天丼10人分、鰻丼10人分、焼肉20人分、寿司10人分などの大量の食事と水分を摂って脂肪を蓄え、髭と髪を剃り、深爪にしてから床につく
」というキャッチコピーが書かれている 最終巻となる第200巻のページの関係で400ページ以上は収まり切らなかったため、単行本には未収録となっている
11