菅原 文太。 安藤昇氏が激白 ニートと菅原文太

(1974年)• フードをかぶっている犯人と鉢合わせになって、ガタイが良い人だったんですけど、手もとを見たらナイフとか持ってないんで大丈夫だなと思って(笑)。

3日前に発行された『現代思想』という本の中で、インタビューを受ける形になって文ちゃんのことを僕が話しています。

映画史に残る作品にもなったこのシリーズのヒットで東映は任侠路線からに転換 、(昭和49年)末からスタートした『』シリーズや(昭和50年)に始まる『』シリーズ(一番星・星桃次郎 役)もヒットした。

日本国内だけでなく海外からも注目を集め、さまざまな役柄に挑戦を続ける菅田。

日本には帰れないけれども本土には行けるんですね。

それに、女性にはモテないクチだったようで、72年にアサヒ芸能で4回にわたって、コラムを連載した文太はこう記している。

果報は寝たフリをして待て。

深作一家っていうんで、僕は非常に歓待されましたね。

(1970年、東映) - 五十嵐勝• 角川映画だったんですけれども、資本は全部日本が出して、当時のお金で28億円という予算でした。

「」(初代)イメージキャラクター(キャッチコピー「Aセダンで行こう」)• 文太も「網走番外地」シリーズは好きで、よく観ており、つねづね、 「ああ、オレもこんな映画をやりたいなあ」 と思っていた。

享年82(満81歳没)。

薫がやりたがっていた山本周五郎の『深川安楽亭』というのを一発目に。

男の裏町()~語り• 藤純子さんなんかには「何あれ」とか、もう無愛想だったし。

闇夜の唄• ビンダスローション CMソング。

ただ、そのように高倉さんを尊敬し、同じように肩を並べるほどの大スターになった菅原さんなのですが、「幸せの黄色いハンカチ」のドラマ版リメーク作品に出演する時には、高倉さんに対してライバル意識を抱いていたとも言われているそうです。

『仁義なき戦い』の第1作目ですね。

藤山さん、どうもありがとうございました。

無愛想でどうにも鼻持ちならない奴だったんですけれども。

スポンサーリンク その後モデルクラブなどを設立しましたが、喫茶店で スカウトをされて俳優になられたようです。

33