頭 が 下がる 思い。 「頭が下がる思い」の意味と使い方|目上の人に対しての正しい伝え方

言葉の意味としてはいくつか意味があるんです。 頭を上げようとすると、首や背中が痛くなります。 「脱帽」は目上の人に使うべきではない、「感服」は目上の人によっては使用を避けるべきです。 しかし、相手がどのように言葉を受け取るか分からない以上、失礼な印象や不快感を与えてしまう可能性がある言い回しは、使わないようにしておいた方が無難です。 「頭が上がらない思い」ではないので注意しましょう。 敬服 けいふく する 相手に深く感心して、尊敬する• 「脱帽」は上から物を言うニュアンスが込められるので、同等か目下の人に対して使います。 「脱帽」には『この人にはかなわないと』『参った』『恐れ入りました』という気持ちが強く込められています。 目上の人に敬う気持ちを伝えたい場合は、「敬服いたしました」があります。
26
まず、文章を分解して考えていきましょう! 「頭 あたま 」は、言わずと知れた 頭のことですね。 「頭を下げる」は「お辞儀する」「謝罪する」「敬服する」 「頭を下げる」は「お辞儀する」を表します。 こういった状況を見て、『立派だな』と思うことを「頭が下がる」と表現します。 敬愛 けいあい する 相手を尊敬し、親しみをもつ• 例えば「教授のご熱心な研究態度に敬服いたしております」と使います。 「尊敬の心を表す言葉なのだから、目上の人に対して使っても問題ない」という考える人もいます。 「頭が下がる思い」とはどのような思いなのか、意味や定義について理解したら、続いてはどのように使えば良いのか、具体的な使い方について考えていきたいと思います。 そのものを指しています。
2