重松 清。 重松清さんインタビュー

ドラマ化もされた大ヒット作品。 それらが詰まった物語の集まりに、思わず涙が流れた。 子ども時代に読んだ物語が 自分の中で「熟成」 され意味を持ちます。 今回ご紹介する一冊は、 重松清(しげまつきよし)著 『カレーライス 教室で出会った重松清』 です。 授業そっちのけで夢を追いかけた先生。 吉川英治文学賞受賞作。 オススメのポイント! 恵美とその友人たちをめぐって、思春期から大人になるまでの、様々な形での友情が示されています。 優等生にひねた奴。
73

「友だち」の意味、やっとわかったよ!• 第92回 該当作品なし• でも、最前線でバリバリ仕事するのが黄金時代だとすれば、それは一番下っ端のときかもしれない。

2002年2月• 切ないけれど温かい、心にしみる作品。

会社にリストラされ、求職活動を続けるもなかなか思うようにならない自分。

16年1月に父を亡くした。

奥さんの秘め事• 定年を迎えたら終わりではない。

第44回吉川英治文学賞受賞作• これは、どこから来るのでしょうか。

72
物語の語り手によって8人の「きみ」が作品ごとに立ち現れ、登場人物たちの友情とその思いをさまざまに示します 尊敬してしまいます
作品 [ ] 小説 [ ] 一般小説 [ ] 1990年代• 基本的に 『流星ワゴン』 人生をやり直すことはできるのか?家族における大事なものを示す長編 2002年に刊行された長編作です
だからこそ、それができなかったとき、周囲から責められてしまうと感じるんでしょうが、一方で僕たちは家族が亡くなったとき、こうすればいいという知識や体験が、本当に少ないと思うんです 第74回 『』• わたしは特に初期の作品が好きです
著者 重松 清 出版日 2010-04-15 それぞれの再会を経て、四人は再び北都の『カシオペアの丘で』再会するんですね 中学入試の問題や大手塾の模試にこの短篇から出題されることでも注目度の高い作品で、小中学生はもちろん、「かつて小学五年生だった大人」にはとくにおすすめしたい
吃音の少年の成長する過程が描かれています 著者 重松 清 出版日 この小説を読んでいる読者に迫るリアル感
隣人(2001年2月 講談社)• 不器用で口が悪く人一倍照れ屋のヤスに、息子のアキラが生まれるところから小説は始まります おだやかに綴られる死の物語が教えてくれることは多いです
亜弥は「学生時代」の親友だった伊藤の娘さんだったのです 続いて文庫の新刊を見ていきましょう! 重松清の文庫本新刊情報 1. 時を戻したからといって、それは自分にとっていいことなのでしょうか
人生のほろ苦さを感じる作品であると同時に、不器用な人生を送らざるをえない全ての人たちへのメッセージがこもった作品です 2002年11月• 主人公達の何気ない動作や、友達の僅かな表情の変化
ところがこういう不幸が起きると、「なんで子どもが一緒に住んでいながら気づかないんだ」と言われてしまう 学校での色々な立場の子、それぞれを主人公にした連作短編集
奥さんの分も子育てする父親に涙• そして三年前に母が癌告知された時のこと 力があるうちは、手すりを持たなくてもいいわけです
37