とんねるず ダウンタウン。 浜田 とんねるずとの伝説共演秘話 出川驚愕「だからキレていたんだ」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

42
Sponsored Link 石橋貴明が記した松本人志が天才とは? 『松本人志のような天才と同じ時代にお笑いをやっているなんて人災だ 出川は「ほかの芸人も聞きたいと思うんですけど、とんねるずさんとの事、どうなってるんですか」とカメラの前にもかかわらずヒソヒソ声で尋ねた
とんねるずにとって松本人志という存在は理解出来ないほどの才能を持ったお笑い芸人だと認めていると受け取れます やっぱあの時代すごいな」と感心していた
同じ芸人でも路線や経緯が異なるので一概には比べ憎いところがあるのですが とんねるずはアイドル要素が強く またライトでかつマルチタレントのような路線もあったので 支持層が幅が広かった事もあり そういった数だけで言うととんねるずですね お笑い的な勢いや面白さはダウンタウンの方が俄然強く 反面 好き嫌いが極端に別れてしまう事もあり 笑いに拘り続けたダウンタウンと 活動の場によっては お笑いなしのシリアスさを出すとんねるず(歌やドラマでの活動を見比べるとわかりやすいかもしれません) 根強さは前者の方が獲得しやすいですが 色々な人に認知されるというのは 数だけで言えば後者の方が有利です また とんねるずはデビュー当時から圧倒的な人気 知名度と破格のスタートを切り 全盛が来る頃にもその頃の勢いが続いていた感じですね ダウンタウンも芸人の中では飛び抜けていましたが 当時の芸人の人気は今ほどでもなく それを確立したのがダウンタウンでもあるのですが 全盛が来たときの差を見るとその差は出ている感じですね ただ 全盛同士の人気ではそうなってしまいますが やっていたことの内容の差で 全盛以降もお笑いとして1本の道を歩み続けているダウンタウンの場合は 離れる人が少なく 逆に時代にあったマルチな活動をしていたとんねるずは時代の移り変わりによって ついたり離れたりは付きやすく 同じ時間の中でどちらが多くの支持を得たかということになると ダウンタウンに軍配が上がるでしょう. 』これが石橋貴明が記した言葉ですが、ダウンタウンが東京に進出してきたことを人災と言っていたのです 生年月日:1962年3月9日 血液型:O型 身長:177cm 配偶者:安田成美 石橋貴明さんと木梨憲武さんの出会いは帝京高等学校時代で、いずれもその当時から素人参加番組に出演するなどしていたようです
お笑いの世界ではいろんな基準で分類をすることがよくあります 2019年9月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』 毎週月-金 11:30-13:00 にて、放送作家・高須光聖が、ダウンタウンととんねるずの不仲説の真相について語っていた
普通の時は普通にしゃべっているよ 高須光聖:フジテレビがそうだったんですよ
どうなるんでしょうね」と危惧の念を表した 僕らにとってはそれしかなかった
番組では2組のコンビについて、2014年3月31日に放送された「笑っていいとも!」グランドフィナーレの模様を紹介 一緒にやらないからこそ、それぞれの面白さが進化していくように思います
引用: ダウンタウンととんねるず不仲説の真相 コンビ結成から互いに30年以上も経つのに共演がほぼなく、裏方のスタッフにも気を使わせるというダウンタウンととんねるずの不仲……なかなか周囲も大変そうです ノード数が多いため表示に少し時間がかかります
高須光聖:で、ダウンタウンのところは、ダウンタウン、ウンナンで 松本人志と石橋貴明の仲について気になっているあなたは楽しめる内容かなと思います
12