レプロ ナイザー。 レプロナイザーが、効果ない、効果なしと言われる理由を美容師目線で考える。怪しい、嘘と決めつける前に読んで欲しい。|美優|note

実際にやってみた で、実際に使ってみた最初の写真がコチラです。 ) ちなみに最も風力が弱い『2D Plus』は旧製品である『ヘアビューザー』(現在は製造されていません)の風力をアップしたもの。 私の使い方が間違っているのかも?と試行錯誤しましたが、思ったように髪の毛にツヤが出ず…。 レプロナイザーは、2D Plusが27,500円、3D Plusが46,200円、4D Plusが57,200円です。 割とどうでもいい笑 となれば、全ての違いはバイオプログラミングのレベルに集約されている 設計もほとんど同じなので、違いがあるとすれば・・ 仕上がりを左右するバイオプログラミングのレベルが4から7に上がったのが全て と解釈してもいいのかな?と思います。 あとは、ナノケアは折りたたみができるので、家庭で置いておくにはナノケアの方がコンパクトで良いかもしれません。 職業柄、さまざまなドライヤーやヘアアイロンを使っていますが、今はレプロナイザーをメインで使っています。
確かに胡散臭いところはありますが、使った仕上がりやまとまりを考えると何かしら効果を出す風が出ていることがわかります。 ヘアビューザー エクセレミアム 2D plus プロフェッショナル「HBE2D-P」:¥33,000• こんなかんじで、CLOSE方向に回すとはずれてフィルターが見えます。 ワット数(レプロナイザー1,200W:ホリスティックキュアRp. 左側は「レプロナイザー7Dplus」 右側は「レプロナイザー3Dplus」 で、半頭で分けてドライしてみました。 そして今回7D Plusで自分の髪を乾かしてみたんですが、風量、冷風の冷たさ、重さなど 基本的な設計は一緒です。 高価なお買い物になりますので、ぜひじっくり検討してみてくださいね。 もちろんいい意味です。