ゆりかご の うた。 ゆりかごの歌〜わんぱく坊主だった作曲家が生み出した珠玉の子守唄|TAP the DAY|TAP the POP

また一首で決まるということは、意味の支えとしての外部を必要としないということであり、基本的に連作には向かないということでもある。

ゆりかごの歌を かなりやがうたうよ ねんねこ ねんねこ ねんねこよ ゆりかごの上に びわの実がゆれるよ ねんねこ ねんねこ ねんねこよ ゆりかごのつなを 木ねずみがゆするよ ねんねこ ねんねこ ねんねこよ ゆりかごの夢に 黄色の月がかかるよ ねんねこ ねんねこ ねんねこよ 歌詞の意味 「木ねずみ」とは、ネズミではなく「リス」のこと。

『ゆりかごのうた』は大松の第四歌集。 〜英語でうたおう こどものうた みんなのうた〜』、1999年発売のアルバム『英語でうたう日本の童謡2』(共にビクターエンタテインメントから発売)に収録された。 関連ページ 『からたちの花』、『この道』、『ゆりかごのうた』など、詩人・童謡作家の北原 白秋による有名な童謡・歌曲まとめ 『江戸の子守唄』や『五木の子守唄』など、昔の日本の子守奉公(こもりほうこう)や守子(もりこ)を題材とした日本の子守唄(子守歌)まとめ。 夕焼小焼の 赤とんぼ 負われて見たのは いつの日か 十五で姐や(ねえや)は 嫁に行き お里のたよりも 絶えはてた この「姐や(ねえや)」とは子守奉公(守子)の女の子のこと。 短歌はこのような小さなことを掬い上げるのに適した形式で、この歌も「ただごと歌」の系譜に連なるものだろう。
12