早稲田 大学 箱根 駅伝。 【箱根駅伝、新勢力図】高校生トップ5は「どの大学」へ? 高校記録保持者、「非の打ち所がない」大迫傑の後輩…(Number Web)

1位 順天堂大学 …51回• 新主将の飯田と在学生とともに、新入生の鶴川、若林、野村らが1年目からもちろん、2年、3年とさらに力をつけ、成長していけば、2度目の黄金期を迎えそうな勢いを感じる。
第78回大会では、徳本の走行中の怪我により2区で途中棄権しているが、スタート地点から28. 今季は決して前評判が高いとは言えなかったが、全日本大学駅伝では6区の終盤まで先頭をひた走った。 練習拠点は横浜市。 諸冨選手は長い距離の対応が一番早かったものの、挑戦した箱根5区山登りで失敗。 13校 慶應義塾大学・中央大学・日本大学・日本体育大学・法政大学・明治大学・早稲田大学・順天堂大学・大東文化大学・山梨学院大学・駒澤大学・東洋大学・青山学院大学 ごぼう抜き [ ]• 4年連続5位 日本大学(第53回-第56回)• 浜松日体高校(静岡県) 選手としての特徴やキャラクター エース・中谷雄飛選手と並び、早稲田大学駅伝部の2枚看板となっているのは、3年生の太田直希選手です。 12 3 平賀 翔太 ヒラガ ショウタ 1 長野・佐久長聖高 29. 54 9 中島 賢士 ナカシマ ケンジ 3 佐賀・白石高 29. 脚に地力があり、山の下り区間も走れそうで、同じ京都洛南高校の先輩でスーパールーキーとして注目された三浦龍司(順天堂大学)につづく活躍を見せてくれそうだ。 。 以前から箱根駅伝予選会には出場していたが、2001年に日本体育大学OBで代表のを監督に、早稲田大学OBで1時間走日本記録保持者のをコーチに迎えて男子駅伝部を創設し、本格的に強化に乗り出した結果、2004年の第80回大会で初出場を果たす。 70年代に5連覇を達成。 スピード強化を課題に 相楽が監督に就いてからも、近年の早大は、箱根駅伝で安定して上位に入っていた。 その中で、附属高や一般入試などで人数は集まったかなというところです。
60