感染 列島 ネタバレ あらすじ。 感染列島/あらすじとネタバレと感想

ワクチン完成まで、あと半年…。

栄子が次の地区へ行くために病院を離れる日が来ると、松岡は「以前のように平穏な日に戻ったら栄子に会いに行く」と言って別れを告げます。

感染者 1000 万人、死者 300 万人になった頃、栄子の容体が悪化すると、栄子は「回復した患者の血清を打つ人体実験に自分を使ってくれ」と頼み、そのことを松岡に WEB 通話で知らせてきます。

発売元はTBS、発売・販売元は東宝。

こうした事態を重く受け止めた厚労省とWHOは、専門医療スタッフを派遣。

小林栄子(WHOメディカルオフィサー) - いずみ野市立病院• 救命救急医・ 松岡剛のもとに一人の急患が運び込まれてきた。

妻の麻美も感染しており、安藤は「院内感染を防げ」と指示します。

途中、車がエンストを起こし、止まってしまい、走って病院に行く松岡医師。

99
よろしければポチッとして下さい ウイルスも人間も自然の一部であるわけだから、共生していけるなら、それが穏健だ
果たしてどのようにしてパンデミック状態を終わらせることができたのか、それとも終わらせることができなかったのか、気になりますね 🤭 そして、検体を欲しがる鈴木から、名刺を渡された
そのころ、近くの神倉養鶏場で、鳥インフルエンザが発生し、多くの鶏が死にます 一方、市場では鶏を販売する男が咳き込んでいました
松岡は小林の登場に動揺しながらも、感染を食い止めるために協力します 仁志稔(畜産大学獣医学教授) -• それぞれの思いをそれぞれの視点から描いているので、各方面その立場にあった人が、それぞれの人に思い思いに感情移入できる点もあるのではないかと思います
ただあくまでフィクションの映画ですし、一部ラブストーリー的な要素があったり、ちょっとこれは大げさなのでは?と感じる場面があったりもします 実際に新型ウイルスが猛威を振るったら抵抗力の無い世代が中心になるのではないか
患者を救うために、いろいろな判断をしなければならないし、時には非情な決断もしなければならない、実際こういう状況があるのかわかりませんが、医療に携わる人は本当に大変だなと改めて思いました 鈴木浩介(フリーのウイルス研究者) -• 栄子の治療法が功を奏して日本は平穏に戻り、そして松岡は北海道で医師として頑張っていました
48