西新井 肛門 科。 西新井大腸肛門科(足立区島根)の口コミ5件|エキテン

54
タウンページに広告が載っています ココも皆「痔」なのはバレバレだから隠しようがないし恥ずかしくもない、なんたって「お仲間」ですから 笑 。 良くなるとすぐに退院ですから帰宅して洋式トイレでウォシュレットがないと大変なことになります
患者さんの安心感につながる配慮を大切にしている浅草胃腸肛門クリニックでは、毎週火曜日を女性専用のレディースデイとして定め、 ドクターをはじめスタッフ全員が女性による女性のための診療を実施しています レディースタイムありで女医さんによる女性専用日が週4日あります
患者さんは結構います 医院名からも伺えるようにお尻周りの健康トラブルに特化した医療サービスを実施しているこちらでは、患者さん自身の自然治癒力を活かして可能な限り外科的処置を必要とせずに治癒を目指す肛門科診療がおこなわれています
・難症例にも対応する設備環境! 恥ずかしさを乗り越えてせっかく肛門科を受診したにも関わらず訪ねた医院では対応できないような症例であった場合には、他院を紹介されてしまい再び一から恥ずかしさを乗り越えて相談しなければならなくなってしまいかねません 先生、看護師さん共に親切な方です
環七を走ると看板が見えます 初診でお伺いした時 高熱が出ていて痛みもひどかったんですけど ベッドの空きが無かったのですが職員用の仮眠室なら使えるとゆー事で緊急入院に対応していただきました その分野の名医がいらっしゃると聞いたことはあるんですが 熱と痛みで先生方の腕前を感じる余裕が無かったのですが 診ていただいた先生お2人共ベテラン先生でした なので治療も診察も短時間でした 敷地内に少しですが駐車場があります まわりにもコインパーキングがありました 薬局のスタッフさんが親切でジェネリックを優先してくれました お医者さんとの相性ってあると思いますが私は先生の説明や 先生とのやりとりに あまり良い印象は持てなかったんですけど それは この病院が人気があって多数の患者さんを抱えているからなんだと思います 職員用の仮眠室にベッドを用意して対応していただいたり看護婦さんとの やりとりからも親切で親身になっていただいたと感じてます 区外からだと東武線各駅に広告看板があるから通勤とかで、それを見て「意を決して」行く痔主の人も多いんじゃないかな。 したがって人気を裏付けるように混んでいる 待合室で座れないこともある のが、ちょっと難点ですけど治療には定評があるという証明でもあるわけですね
なお、すべての診療メニューに共通して日曜日と祝日は休診日として定められています 月曜・火曜・金曜は9:00~11:30と16:30~18:30、水曜・土曜は9:00~11:30と13:30~16:00の二部制にて診療を実施しており、木曜・日曜・祝日は休診日として定められています
ウチはトイレこそ洋式だったけどウォシュレットがなかったから慌てて取り付けました 苦笑 足立区内でも有名病院の一つで大抵の人は知っていると思うし痔の手術ならココに行くんじゃないかな。 竹の塚地区とか周辺地域はもとより遠くからも来院されています
55

南青山の街並みによく馴染むベージュの外壁が印象的な医院建物に掲げられた「平田医院」という大きな看板が目印となっています。

私は、埼玉在住で高速を使っても一時間ちょっとの距離がありますが、今後のおしりケアや、大腸検査はこちらの先生にお願いしようと思っています。

行きつけの産婦人科で痔の相談をしたときには診察もせず軟膏だけ処方されましたがひどくなる一方でついには動くだけで激痛という状況に。

病室は一人のスペースが広く快適、食事も病院食特有の淋しさを感じずうれしいです。

こちらは、総武線沿線の市川市、江戸川区、江東区、方面から 多くの患者様においで頂いております。

埼玉県越谷市、草加市、八潮市からも多くの患者様がいらしております。

ご予約またはお電話にてご確認の上、ご来院ください。