弘道 会 本部。 ◆弘道会本部 山口組

1996年、稲川裕紘三代目会長が渡辺芳則五代目組長と五分の兄弟盃を交わす。

週刊金曜日2010年12月17日号• 五代目 - (二代目総長)• 「稲川組」を「」に改称。

以来、地域に根ざした活動を進めてきました。

二代目 - 今津藤三郎• 参考文献 [ ]• 以来、地域に根ざした活動を進めてきました。

2007年、総裁・稲川聖城が93歳で死亡。

45

この節のが望まれています。

射殺事件当時を知る関係者は、このように話す。

臥龍会とは、五代目山口組・渡辺芳則組長が名付けた組織名で、いったん名称を封印させていたが、神戸山口組結成後に四代目山健組傘下組織として名称を復活させていたのだ。

依然、三つ巴の状態が続く。

奈良県警の家宅捜索を受けた直後の六代目山口組本部 今から15年前の2003年7月、五代目山口組(当時)弘道会傘下組織である十代目紙谷一家の若頭が、三重県津市の自宅の玄関先で射殺されるという事件があった。

連日、警察官や報道陣が殺到する山口組本部、脱退派の神戸山口組を率いる山健組本部事務所(神戸市中央区)の喧噪とは対照的な雰囲気ながら、冷たい緊張感が張り詰めていた。

22
弘道会三代目 - (二代目組長) 三代目弘道会組織図 役職 氏名 率いる三次団体 本拠地 会長 若頭 中野寿城 四代目組長 名古屋市中村区 舎弟頭 中村英昭和 舎弟頭補佐 鈴木 覚 北海道札幌市 舎弟頭補佐 福島康正 会長 北海道札幌市 本部長 間宮誠次 五代目総長 名古屋市中村区 若頭補佐・組織総括委員長 小松数男(椎名数男) 組長 東京都新宿区 若頭補佐・渉外総括委員長 野内正博 組長 岐阜県岐阜市 若頭補佐・綱紀総括委員長 古川陽忠 会長 長野県長野市 若頭補佐・運営総括委員長 松山 猛 弘道会 十代目総長 名古屋市中村区 若頭補佐・懲罰統括委員長 大栗 彰 栃木県宇都宮市 若頭補佐 野口新吾 二代目 名古屋市中区 事務局長 室橋宏司 名古屋市中川区 顧問 武藤宏史 会長 福岡市博多区 顧問 浜田健嗣 総長 名古屋市東区 相談役 中島 譲 舎弟・関東統括責任者 藤島洋志 組長 東京都台東区 舎弟 磯部伸冶 十代目総長 愛知県知多郡武豊町 舎弟 木村晃司 二代目組長 三重県伊勢市 舎弟 関谷優二 名古屋市千種区 舎弟・東北統括責任者 金田基一 秋田県秋田市 舎弟 桑原達彦 舎弟 浅丘健次 名古屋市熱田区 舎弟 山原清市 名古屋市西区 舎弟 石神正悟 六代目總長 三重県四日市市 脚注• 山口組執行部側は、山健組など離脱派の組長10数人への制裁処分を行った 2005年、稲川裕紘三代目会長が死去
弘田は若頭にを据え、司は 司興業を旗揚げ 編集される際は「」をご覧ください
自らの組織の実態を秘匿することに努める一方で、のや対話に対して完全にを通したり、では出入口を封鎖して捜査員の入室を妨害するなど、警察に対して対決姿勢を示す組織である そのような最善への探求心は今後も変わることはなく「安心・信頼・貢献」の法人理念に自らを照らし合わせ、スタッフ一同が研鑽・精進を重ねていきます
2007年、総裁・稲川聖城が93歳で死亡 年明けから活発さを増す六代目山口組と神戸山口組
二代目 - (五代目総長)• 問屋町派 初代・富田善七の実子・富田鍋次郎を祖とし、配下に中野善助、山田こと小川清五郎らがいた そして事件は15年の歳月を経て、急速に動き始める