第 二 次 世界 大戦 きっかけ。 第二次世界大戦

10月23日から開始されたでイギリス軍に敗北し、再び撤退を開始。

1936年から1945年までにドイツは 3万3984機を生産し、歴史上最も生産された戦闘機となりました。

そして冬に備えた装備も不足したまま、11月には例年より早いの到来で厳しい寒さに見舞われる。

それなのにナチスドイツと同盟国だったという理由で日本は人種差別的だったと叫ぶ奴らは許せん。

そこで5月、アメリカでは対との戦争に備え、おもにカナダを戦場に想定したが作成された。

1942年 [ ] 1942年12月10日、のドイツの爆撃による破損家屋を去るにおけるソ連の民間人 この年の1月20日、ベルリン郊外ヴァンゼーにおいてナチス党の重要幹部が集結し「」について協議したを行われた。

これにより孤独に戦っていたイギリスは強い後ろ盾ができることになりました。

「Welcome!」などという見出しでむりやり白船を歓迎する明治41年10. 日本は、アメリカ・イギリスに宣戦布布 した。

の解散• しかしこのころには生産過剰に陥り、それに先立つ農業不況の慢性化や合理化による雇用抑制と複合した問題が生まれた。

25
そのお金で、ドイツの国力を回復させ、生産させ、その売り上げをピンハネしようというのである。 ドイツ軍は、フランスとの国境沿いに、ベルギーまで続く外国からの侵略を防ぐ楯として期待されていた巨大地下要塞・を迂回。 で4年間戦い続けていた日本は、12月8日午前1時(日本時間)にイギリスのを攻撃し()、ここに太平洋アジア戦線が始まる。 当時、ポーランドと同盟を結んでいたイギリス、フランスがそれに対抗しドイツに宣戦布告したことにより始まりまった戦争です。 1939年、ズデーテン地方のみでは飽き足らず、今度はチェコスロバキア自体の解体に乗り出すのです。 イギリスはこの協商によって、ドイツを包囲することができました。 さらににはパリでが結ばれ、63か国が戦争放棄と紛争の平和的解決を誓約。 歴史的に反共感情が強かった、等に侵攻した枢軸軍は、共産主義ロシアの圧政下にあった諸民族から解放軍として迎えられ、多くの若者がに志願した。 その代わり、ドイツはポーランドに侵攻しない(ポーランド回廊については、ドイツと東プロイセンを結ぶ治外法権的な鉄道・道路の建設を要求)。
76
ところが、4回目のクリスマスが来ても、戦争が終わる気配はなかった。 (当時、あめりかのGDPは日本の10倍と言われていました。 なお、その生涯でほとんど国外へ出ることがなかったヒトラーがパリへ赴き、パリ市内を自ら視察し即日帰国。 11月、ヴェルサイユ条約破棄を掲げるが発足すると 、1月11日にフランス・ベルギー軍が賠償金支払いの滞りを理由にを強行。 ここで、ロイド・ジョージの警告を思い出そう ・・・ 「ソ連の援助を確認せずに、かかる重大な責任を引き受けるのは、自殺に等しい愚行である」 たとえ、ロイド・ジョージがナチスドイツびいきでヒトラーびいきという人の道に外れたところがあっても、イギリスは彼の警告に耳を傾けるべきだったのである。 もし日本のこの一五番目の提案が実現されていれば、アメリカ黒人にとって、おもしろいパラドックスが生じていたかもしれない。
77