Airpods pro 偽物。 【ap pro】airpods proのパクリ商品が偽物でも想像以上だった件

では以下より文章でも詳しく解説致します。

防水性能IPX7 防水性能もなかなかで、水没しても故障しにくい IPX7に対応。

以下はAmazonのApple公式ストアのAirPods Proのページになります。

新品で税込24,200円という安さに加えて,購入当時1月5日は5のつく日ということでポイントがさらに5倍の日でしたので,キャッシュバックは5,000円以上で 2万円を切る安さでした。

このイヤホンの評価では5点の人もいたので、騙されている可能性が高いです。

とにかくワイヤレスイヤホンの体験に最適 かなり価格も低価格ではありますが、 意外と普通に快適に音楽や通話を楽しめる完全ワイヤレスイヤホンなのでおすすめです。

ケーブルも色味が異なりましたが、 Lightning to USB TYPE-Cのケーブルが付属していました。

けど、同期はスムーズにできて、iphoneにも偽物の癖にAirPodsProって表示されたんだが??謎だ ですので本物を使用したことがない人は騙されると思います。

94
また、正規品のAirPods Pro本体のコントローラー部分は 感圧タッチですが、偽物(コピー品)はコントローラー部分を タップで操作する仕様でした 高音から低音までムラなくなりますが、音に厚みが無く解像度があまり感じられません
本記事では、AirPods Proの偽物を購入することで「お金」と「時間」を無駄使いしていることを4つの視点からお話します 急な雨や夏場の汗など、天候や場所をあまり気にせずにワイヤレスイヤホンを使うことができます
また、AirPodsやAirPods Proに関して、当ブログではしたり、YouTubeチャンネルでAirPodsやAirPods Proに関してのもアップしていますので、ぜひそちらもチェックして下さい これらはメルカリで2021年03月下旬に取引されたAirPods Proです
また、正規品と比べて作りが雑でケースの蓋のぐらつき、ケースなどの重み、触った感じの質感が異なりますが、初めて手にしたものが偽物の場合はわからないと思います イヤーチップのケースは見分けがつきません
ボリューム操作部分に表示されるアイコンがAirPods ProではなくAirPodsのアイコンになっています でも、 商品の説明文の日本語が明らかにおかしい時は本当に気をつけて下さい!というか、僕なら買いません
1万円以下であるなら尚のこと偽物だと断定付けてもいいです これほど万能でどれについても欠点がないワイヤレスイヤホンはこの価格では これだけでしょう
もっただけで偽物とわかったAirPodsとは違い、AirPods Proの偽物(コピー品)はもっただけではわからなと思います 耳垢やゴミの侵入を防止するメッシュはどちらもありますが、偽物(コピー品)は作りがかなり雑でした
本体の印字がまっすぐであること、そしてフォントのサイズや印字されている文字をチェックしてみて下さい Airs Pro 3スペック 音楽再生時間 約4 時間 Bluetoothバージョン 5. 正規品は取り外す時にひっかける窪みがありますが、偽物(コピー品)にはありません
66