ホープ ダイヤ。 No.100 所有者を次々と不幸に導くホープのダイヤ

ホープダイヤは1902年頃に2万9000ポンドでロンドンの宝石商アドルフ・ウィルが買い取り、アメリカのダイヤモンド商サイモン・フランケルに売却する その後オークションにだされたホープダイヤモンドは、その呪いの伝説からなかなか買い手が付かなかったものの、マクリーン夫人のダイヤモンドを100万ドルで買い取ったのは、ニューヨーク宝石商のハリー・ウィンストンでした
私がもっとも恐ろしさを感じるのは、神聖なインドの寺院の神像の目からくりぬいて盗んだという点です ホープ・ダイヤモンドは45. 夫もアルコール依存症に
また、ペットの犬の首輪にこのダイヤを付けていたこともある フランケル、ホープダイヤをパリのソロモン・ハビブに売却
もう誰も盗まないでね その宝石師の息子が密かにそのダイヤモンドを盗み出し、そのショックのあまり宝石師は死んでしまいます
現所有者 推定価格 2-2. スピネルとルビー 最も権力がある者のみが着用することができた、このターバン (jigha)の飾りは、ターバンの前に入れるようにデザインされており、「羊脂白玉」のジェードから作られた ヒロインのローズが身につけていたダイヤモンドのネックレスといったほうが 「あぁ、あれ!」と思い出される方も多いかと思います
57

さらに218年前に盗難・破壊されたルイ15世時代の用ペンダントとして復元され、にフランスで公開された。

その後、長らくフランス国王が所有していましたが、1792年、フランス革命のさなかに窃盗団に盗み出されてしまいます。

普通のダイヤモンドでも紫外線を当てると、青く光るのがあるそうですが、それらも照射を止めると発光はしないということも紹介されていました。

しばらくの間は、新世界(ベネズエラ沖)から採取された真珠がこの有機質の宝石に対するインドの絶えることのない需要を満たしていました。

しかし、これらの石は通常、色が薄くインクルージョンが多く含まれていました。

だが、神と女性と子供は不幸を受けずに身につけることができる」とも言われていました。