ハニー レモン ソーダ 45 話 ネタバレ。 【あらすじ】『ハニーレモンソーダ』45話(12巻)【感想】

三浦くんの髪がレモン色の理由 それ以降、三浦くんは一人で生きていく決意をして髪をレモン色に染めます。

初めて会った日、羽花に声をかけた理由。

でも、 羽花はそんな界を拒絶することなく、受け入れ、 その結果、羽花は 界の奥底にあった父との記憶を、聞くことになるのだった。

というのも今回、ついに 友哉のことに話がふれはじめ、 友哉自身も、 今まで飄々としていたのに、少しずつにおわせはじめました。

登録後すぐに600pt 600円分 が貰え、好きな漫画を読める• 現状奈乃は、まだ 友哉のことを恋愛としては見ていない感じでしたし、 ただ一方で、 友哉のことを気にかけてはいるという、ちょっと微妙な感じではありました。

しかし練習試合も終わり、滝沢くんは下校中のカイくんに声をかける。

1人の少女が道でうずくまっています。

92

界は「誰かに言えよ、助けてって」と声をかけました。

最初の方から、なんか 羽花につっかかってきたり、 界とずっと行動していたり、 何か裏がありそうだったりと、不思議な点が多かったですよね。

そこで羽花も待っているのか、界は聞きます。

そして羽花は、本当の気持ちを伝えるのです。

表面的に見れば羽花に対して高圧的と言えなくも無いのだが、界なりの演技として捉えるべきであろう。

羽花のご学友たちがカレシの学校の学祭を見にいくとかいいだしている。

怖い映画を見て、ご飯を食べて、花火をしながら、幸せな時間を噛み締める皆 一人が楽と界だと
羽花のことを引っ張ってあげていたし、 なんだかんだ行動力があるので 羽花はとっさに返事をして向かおうとしますが、界はそれを引き止めるのでした
廃校の雰囲気も素敵でした いつも以上にはしゃいでいる羽花をみて界も笑顔を見せてくれます
男性陣は羽花が三浦くんの甘い顔に慣れて、怖い表情を見ると不安になるのではないかと推察 でも本当に、 声をかけた時には見ず知らずの羽花に対して、 そういう風に構うのは、不思議な感じではあります
羽花は泣きながら言います その時です
そこには、言いたくなかったはずの家族構成の答えが書いてあります ネタバレ注意です!👀 いちゃらぶ回は、次号に期待!! — こはる PMUNqFppWtPihpj. そこに後ろから界がやってきます
だが、ここにきてラウールである 「来たかった浴衣で見たかった、一緒に、花火見よう!」と羽花
「私、みんなと遊びたい!私が調べる 「萩華(しゅうか)!」と羽花と入れ違いに女の子のお兄さんが現れました
43