塩沢 とき。 【塩沢とき】プロフィール(年齢)

杉葉子らとともに東宝ニューフェイス第2期に合格。

(フジテレビ)• 嫁と姑の隣人戦争III(1986年、)• (1985年、東宝) - 英語教師• 本名及び旧芸名は塩沢 登代路(とよじ)。

髪型とメガネはトレードマークになっていました。

(平成16年)、76歳。

年齢 享年79歳• また、自分の男に入れ込むところは母親譲りかもと話しています。

20

(昭和60年)、57歳。

遠山の金さん(1991年、新歌舞伎座)• (平成11年)、71歳。

その後、『』などではお金持ちの奥様役やの上司夫人役を多く演じる。

(TBS)• 」(1988年、TX)• 亡くなるまでに所属。

(1966年、東宝)• (1960年、東宝) - ホステス• 義理人情いろはにほへど若旦那(1988年、新宿コマ)• 花嫁立候補 1955年、東宝)• (1961年、東宝) - 飲み屋のおかみ• その時、舌裏の変化に気づきました。

、乳がんの手術のためにテレビ出演はできなかった。

(NET)• その後はマイペースにドラマ、映画、、などの仕事をこなしていく。

10
(1971年、東宝)• 手術は無事成功し、回復後元気に仕事をこなす。 2007年(平成19年)5月17日、スキルス性胃癌の為東京都目黒区の病院で死去。 1947年(昭和22年)、19歳。 59年より小堺一機司会のバラエティ番組「いただきます」 フジテレビ にレギュラー出演し、大きく結った奇抜なヘアスタイルに、派手なメガネと衣装、大胆で歯切れの良い発言でお茶の間の人気を集めた。 すばらしい先生との出会いが塩沢さんの命を救うことになりました。 その独特の髪型やメガネ、過激な発言、陽気なキャラクターで、塩沢ときさんは人気者になっていきました。 (1992年)• 黒柳徹子さんの『徹子の部屋』への出演は、大きなチャンスになりました。 (1961年、東宝) - 女あんま• 嫁も姑も皆幽霊(に客演) 劇場アニメ [編集 ]• (1998年、MBS)• 1969年(昭和44年)、41歳。
71