バレンタイン デー 起源。 バレンタインデー 由来・ルーツは?

西暦3世紀のローマでのことです。

割とポピュラーなのは、「聖バレンタイン司教」の説ではないでしょうか。

欧米ではお花とカードを贈る傾向が強いですね ザックリと違いをまとめてみました。
聖バレンタインを処刑したローマ皇帝クラウディウス2世は、あえてこのユノの祭日であり、ルペルカリア祭の前日でもある2月14日を選んだのです 聖ワレンティン - 記憶日は(を使用する正教会ではのに相当)• バレンタイン司祭 昔のローマの2月14日は、女性の結婚や出産を司る女神「ユーノー(Juno)」(ユノ、ユノー、ジュノーなど)の祝日で、翌日の2月15日からは豊穣を祈る「ルペルカリア祭」というお祭りが開催されていました
オイルショックによる不況にあえいでいた小売業界がより積極的にマーケティングを行ったとされ、1970年代は日本の資本主義がほぼ完成し、成熟したになった時期とも重なる 韓国 韓国では、日本と同じように女性から男性にチョコレートを贈るのが一般的だ
それ以来、バレンタイン司祭は聖人となりこの日はカトリック教会で祭日と定められたのです 西欧・米国 [ ] などでは、男性も女性も、や、など様々な贈り物を、恋人や親しい人に贈ることがある日である
また、翌日の2月15日は豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日でもありました そしてやっぱりキリスト教が絡んできます
また、ホワイトデーが存在する点も日本とよく似ている 原はその時「一年に一度、女性から愛を打ち明けていい日」というキャッチコピーをつけたといわれている
60