リコール 署名。 リコール不正署名問題―立証された「ネット右翼2%説」(古谷経衡)

署名集めを担った「受任者」の一人によると、自身で集めた署名簿について2021年2月下旬、提出先の県内自治体の選管に開示請求した。

2%が有効と認められなかったと発表。

2021年3月10日閲覧。

このような言動が続けば、河村氏のリコールを求める市民が現れる可能性もあるのではないか。

リコール署名は、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長の呼びかけで昨年8月にはじまった。

(・国会対策委員長) 「悪質な事案で、ぜひ立件してもらいたい。

さて、私はきょう(3月18日)でこの番組を離れます。

なぜ佐賀で署名簿が作成されたのかについては「分からない」と語った。

『署名の水増しは犯罪であり、その動機がない』と署名捏造への関与を否定している河村氏ですが、関与をみずから認めているようなものではないでしょうか」 出典 [ ] 2019年10月12日閲覧。

41 94

だが無効署名36万超のうち90%がバイトによる偽造と判明した。

その後、ウェブ業界へ。

県選管は解職請求代表者37人の証明書を交付。

こんなに真面目に一生懸命にやっていたこと傷つけて、頭にきてるんだから。

信じられん。

2021年4月13日閲覧。

「不正に加担し、反省している一方で怒りも感じている。

日本維新の会の田中孝博元愛知県議が衆議院愛知5区選挙区支部長の辞任届を提出し、受理された。

高須と河村は議会を傍聴。

しかし田中は「県をまたぐ不要不急の移動自粛要請」 を無視しての自宅にはほとんど戻らず、東海地方のホテルを転々とする生活を続けた。

10