コロナ ウイルス スピリチュアル。 破綻と崩壊!コロナウィルス終息後スピリチュアル

参考記事: 生き方、意識の大変革の時 生き方、意識の大変革の時 意識を変えること、意図すること 新型コロナによって不自由な生活を強いられ、人々の物欲と経済成長にブレーキがかかることは、決して悪いことではないのです
「霊的成長至上主義」が人類の共通理念にならないかぎり、今回のウイルス禍のような悲劇がなくなることはありません 昨年私は口癖のように「冷静に霊性を高めましょう」と何度も書きましたが、 今は良いことも悪いことも、色々な事が同時に大量に起きている時なので、1つ1つの事柄に対して冷静に判断して行くことが大事なのです
キーワード関連記事 『コロナ感染』と『』の関係!『スピリチュアル』 『コロナ感染』と『』の関係は、『スピリチュアル』から見る話として、その話が見えてくる話も見えてきます の記事でも書きましたが、だから怖がりましょうと言うことではありません
4つ目のポイントは、今回のウイルス禍がもたらしたさまざまな教訓と、この災禍に対する私たちスピリチュアリストの考え方・姿勢についてです 『』、その目的、『高次元の存在』、『スピリチュアル』 『』、その目的、『高次元の存在』、『スピリチュアル』 「」、その目的、「高次元の存在」の話、これは、「スピリチュアル」から見た話として、過去に話もさせていただきました
例えば今回の新型コロナウイルスをきっかけに、テレワークやリモートワークに働き方を切り替える会社もたくさん出てきました 当然、新型コロナウイルスにもです
私自身、「 スピリチュアル」から見ると、この点に「疑問」を感じるのです。 新型コロナウイルスによる災禍が収束した後には、世界は今より大きな苦しみの中に立たされることになるでしょう。 破綻と崩壊、コロナウィルス終息後は、スピリチュアルの中で始まりの年 破綻と崩壊!コロナウィルス終息後は、始まり 破綻と崩壊、コロナウィルス終息後は、普通に考えると、従来に続く元の生活に戻ると考えるのが普通の考え方ではないでしょうか。 みなさんもどうかそんなスタンスで、コロナが蔓延している今を捉えてみてくださいね。 ちなみに、の霊訓をご存知でしょうか?の霊訓とは、1902年生まれのモーリスバーバネルと言う方をとして、が直接、現世の人々とコミニケーションを図り、話を伺ってまとめた内容がの霊訓です。 「 コロナウィルス」も生きている存在であり、生き残るためには、宿主を殺してはならない状態も現れやすく、「共存共栄」で収まるとの話が、「正論」として、割と多く話されている傾向もあります。