産休 扶養 控除。 産休・育休中は扶養に入れる!?忘れずに配偶者控除を受けよう!

出産、育児と出費もかさむ時期です。

そこで産休・育休中の年末調整に関して知っておきたいポイントを以下で解説します。

まとめ ここで、 「産前産後休暇・育児休業を取得した場合の配偶者控除・配偶者特別控除のポイント」をまとめておきます 配偶者控除・配偶者特別控除とは? 配偶者控除とは 納税者に所得税法上の控除対象配偶者がいる場合には、一定の金額の所得控除が受けられることを「配偶者控除」と言います
社会保険や税制面での優遇なども踏まえて、まずは出産に関する制度の中から「産休」について解説します 職場復帰し、9月~12月まで「毎月25万円の給与」をもらった• 産休・育休中の期間の給付で税金の計算に含まれないもの ・出産手当金 ・出産育児一時金 ・育児休業給付金 ・退職後の求職者給付(いわゆる失業手当)など 育児・出産による休職に対しては男女問わず、育児休業基本給付金や出産育児一時金などが支給されますが、これらの支給は税金の計算に含まれないのです
出産手当金 出産手当金とは、産休により収入が減少する女性の出産・生活を支援することを目的とした制度です 休業する年の年末調整や確定申告により、翌年の住民税も軽減されます
早めに伝えて必要な手続きを済ませておきましょう 働く女性が出産後も仕事を続けた割合は結婚や出産による退職が当たり前だった平成初期に39. たとえば、控除を受ける納税者本人(夫)の合計所得金額が900万円だった場合、国税庁によると所得税率は33%です
産前産後の出産手当金や育休中の育児休業給付金は非課税 働きながら妊娠して出産、そして復職する予定の場合、健康保険や雇用保険から産休・育休中は資金的な給付があります 夫の給与収入が900万円であるケースを例に試算する
この「産休」は労働基準法の母性保護規定に定められた法律です 出典:国税庁「No. ただし、育休中でも 例年通り年末調整の手続きは必要となります
仮に夫の年収が600万円で妻の年収が150万円以下の場合、配偶者控除は38万円になります 出産育児一時金42万• 条件に合えば、申請することで控除対象になります
所得は1月から12月までの12ヶ月分の給与で決まります 産休・育休中の社会保険料 まとめ 産前産後休業、育児休業中の社会保険料は、下の図のようになります
39
対象となるのは雇用保険に加入しており、過去2年間に「勤務日数が11日以上」である月が12か月以上ある人となります 常にではないものの文筆業などで原稿料を得ることがある場合は雑所得に該当する
配偶者特別控除とは 配偶者に38万円を超える所得があるため、配偶者控除の適用が受けられない場合、配偶者の所得金額に応じて、一定の金額の所得控除が受けられることを「配偶者特別控除」と言います また産休のみならず育休についても同様の取り扱いとなり、妻が会社から103万円超の収入を得て、夫が妻の控除対象配偶者に該当をすることも出来ます
確定申告書の書き方 配偶者控除の申告書が年末調整に間に合わなかった場合は、翌年の確定申告で還付申告を行う 扶養に入るにはどのような手続きが必要? 育休中の収入が減って夫が配偶者控除や配偶者特別控除を申請できる場合は、期限内に忘れずに手続きを行うことが大切です
被保険者は健康保険に加入し保険の契約をしている人で、保険料の支払いなどを行い、万が一病気やケガをしたときなどに必要な給付を受けることができます お金のことで悩みがあるという方も、この機会に是非一度相談してみてください
会社によっては産休や育休に入る直前の給与から一括で住民税を天引きしてもらえるケースもあります 2020年4月10日• 配偶者控除、配偶者特別控除の適用可否や各種申請方法に関して不安なことがあれば、確定申告電話相談センターなどに相談しましょう
また、産休・育休中で年末調整されていなかったら、自分で確定申告することも検討しましょう 配偶者特別控除は夫婦の内どちらか一方のみが適用を受けることができますので、適用を受ける方の名義で確定申告をすることになります